大容量256GB・月額1,000円(税抜)〜!レンタルサーバー【ヘテムル】

2020年05月27日

USBスピーカー 400-SP089

サンワサプライ USBスピーカー 400-SP089


sanwa pcspeaker.png



みなさんはお仕事どうですかね?


在宅に移行して慣れない環境でなんとか頑張っているサラリーマンの方は多そうですね。


わたくしもそのうちの一人かもしれません。



会社での環境が(当たり前ですが)一番集中できる、やりやすい環境なわけですが、そうもいかないですよね。


まったく同じ再現をするのは正直キツイわけです。


基本わたくしはずっとPCの前で作業するタイプの仕事なので、とにかくモニターの高さ、キーボードの高さ、椅子の高さや形状など、どうにか長時間座ってPCで作業していてもストレスがないようにしなければいけません。


最初の数日は少してこずりましたが、いまではほぼ問題なく仕事が出来るまでになりました。


すると、ちょっと欲が出てきます。



音は?ちょっと音楽流したいですよね。


職場だとずっとラジオ(東京FM)流しているんです。


やっぱりラジオ最高です、家でもたまにradiko聞いたりしますが、下手気な音楽を流すよりずっと良かったりします。


それでも自分の好きな音楽を流したいとなったときに、とてもカジュアルにそこそこの音で聞くことが出来る、それがポータブルサイズのUSBスピーカー需要なんではないかと。


うちではプリアンプを通してスピーカーから音を出しているので、ぶっちゃけいい音でアマゾンプライムなどを利用して音楽が聴けるので環境としては申し分ありません。


が、在宅作業用ノートPCから直でUSBでつないでスピーカーから音を出せるというのは「楽=カジュアル」という意味で最強です。


手元のPCですべての操作が出来るわけですからね。


1ミリも動く必要がありません(笑。


サンワサプライから(2020年)2月に発売されたUSBスピーカー「400-SP089」は、まさにドンピシャなアイテム。




クリップでノートPCのモニター上部に挟んで使ったり、スタンド置きもできるサウンドバー形状のUSBスピーカーです。


実際そこまで「うぉ!すごい!」となるようなものではなかったりしますが、およそ3,000円で買えて、そこそこの音(最大出力は6W、低音強調するパッシブラジエーター内蔵)が出るので、コロナ影響の後押しもあり、このタイミングではかなり重宝されるアイテムではないかと思いますね。

posted by ロータス at 19:08| 家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月26日

TIVOO

レトロTV型モニター搭載Bluetoothスピーカー TIVOO





モノ自体がギミックとなっているスピーカー。


個人的な感想としては、よくこんなもの商品化したなぁ、と。


しかし、トレンドは間違いなく追い風となっているのは確か。


そう・・・世の中いつのまにかレトロなものが割と持て囃されておりますね。



今回紹介するのもまさにレトロまっしぐらの「ウソでしょ」的なアイテム。


「TIVOO」という商品名のレトロTV型モニター搭載のBluetoothスピーカーです(おそらくワイズテックという会社が作っているラインナップの中で「Divoom」というブランドで展開している商品)。


小さいころ実家にあった(ブラウン管)テレビだぁぁ!!(40代アラウンド以上)


って反応を期待したレトロガジェットなわけですね。



ほかにもいろいろなものを商品展開している模様ですが、おおむね喫茶店のピクセルゲーム的なビジュアルを前面に出したものが多いようです。

tivoo1.png

外観は完全にギミックなので「結局何もの?」という疑問しかないわけですが、先述したように、これは「スピーカー」です。


しかし・・・侮るなかれ。ただのスピーカーではないのです。


音楽再生や、ミキサー(マジで?)、ゲーム(まさにピクセルゲーム的な?)、通話、メッセージや着信の通知、アラーム、時刻・天気・温度・カレンダーの表示・・・などと以外にもいろいろな機能を備えているようです。


レトロなくせにやることは存分にデジタルな抜け目なさ。


さらに、先に言いましたがピクセルゲーム的なビジュアルを備えているわけですが、なんとこれはピクセルアートとして自作(専用のエディタを使用)したり、ギャラリーから他の人が作ったアートをゲットできたりするようです。


この機能以外のエンタメを盛り込んだあたりはとてもgoodですね。


さらに、Bluetoothスピーカーなので、スマホアプリ(スマートガジェット専用アプリ「Divoom Smart」)でいろいろと設定変更や各種操作ができます。


カラーは、レッド、ブルー、グリーン、ピンク、ホワイト、ブラックの全6色。


フォルムやデザインがレトロかわいいので全色揃えて家の各所に置いておきたいくらい(これはバカがやること)。


価格はおよそ10,000円とコンパクトなbluetoothスピーカーとしてはまあまあな値段ですが、インテリアとしてや他の機能フルな部分を考慮するとむしろ安いような気さえしてきます。


プレゼント需要も以外とありそうですし。


でも誰かにプレゼントする際は好みをよく推し量った方がよさそうですよね(笑。



posted by ロータス at 18:34| IT・デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月20日

Fitbit ウェアラブルデバイス AltaHR

Fitbit ウェアラブルデバイス AltaHR



健康目的で装着するウェアラブルデバイス(スマートウォッチ)。


数年前からこの手の商品がニュースになっているのを目撃していましたが、2020年の現在まで買ってみたことはありません。


興味はなくはないのですが、「スマート〇〇」というジャンルの商品全般にまだ手を出したことがないんですよね。


ということで、今回紹介する商品を足がかりにして、ハマってみようかと思っています。


Fitbit(フィットビット)というメーカーの商品です。


HPを見ると、「毎日のアクティビティ、エクササイズ、そして睡眠の記録を通して、あなたの健康的でバランスの取れた生活をサポートします。」とあります。



ほう・・・そいつは素晴らしいですね、健康サポート目的のスマートなウェアラブルな端末ってことですね?


在宅勤務が多くなり、最近嫁さまとウォーキングをランチ後にするのですが、ランニングしている人たちが手首に付けているのはおそらくこういったスマートウォッチなんでしょうね。


このFitbitの商品はいくつかあるみたいですが、中でも最もスリムでスタイリッシュなリストバンド型の「Alta HR」(2017年4月発売)というものを紹介。


スリムでかつスタイリッシュであれば、初めての人でもエントリーモデルとして買いやすいはずですよね。


このモデルは、メインは心拍数の計測ということですが、睡眠記録や、アクティビティやエクササイズの計測(トラッキング)なども出来るという優れものです。


となると・・・そう、基本的に24時間付けっぱなしのデバイス!!


おおお、腕時計ですらなかなかそこまで付けっぱなしにしないのに、新参者をそう受け入れることが出来るだろうかシンパイであります。(注意:完全防水ではないのでお風呂時は外しましょう)


「24時間付けっぱなし」をデフォルトにしているので、もちろんバッテリーは相当タフな仕様です(約2時間の充電で7日間持続するらしい)。


というか・・・心拍数を計測して楽しいの?


こらこら、言いましたよね、これは健康目的のアイテムなんですよ。


一日のなかでどういうときに心拍数が変化するのかが丸わかりなわけです。


心拍数は体の状態を把握するのに有効な指標なわけです。


ストレスや病気がち、運動不足など・・・体のSOSを敏感に察知してアナウンスしてくれるのが心拍数なんですね。


ありがたい!そしてそれを常時計測して知らせてくれるのは助かります!!


通常時は時計としての機能(時間表示)ですが、本体を2回タップしたり、手首をひねることでモニターを表示。


タップしていくと、「日付」「歩数」「安静時心拍数」「距離」「アクティブな時間」「カロリー」の表示に変化します。


詳細のデータを確認するには、スマホのアプリと連動させると一目瞭然。


価格は10,000円オーバーとやや買いづらい値段ではありますが、健康を保つのにはお金がかかるものです。


日々の体ケアを怠らず、元気でいるための投資と思えばむしろ安いもの!?


さぁ、来月からはこれ付けてウォーキングだ!!



posted by ロータス at 22:59| ライフスタイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月19日

タイガー 炊飯器 tacook タクック

タイガー 炊飯器 tacook タクック




数年前から時短家電がモテモテの時代が続いていますよね。



メーカーの商品開発も従来商品のマイナーチェンジで対応するなど結構大変だなと思ったりしています。



男性目線で「料理」を考えると<こだわる>ことに特化するので、どうしても値段も高く多機能なものになりますが、時短家電は完全に主婦の味方なものなので、いかに簡単に同時に早くそれなりにおいしいものを作れるかというところが重要になってきますよね。


tacook1.png
https://www.tiger.jp/product/ricecooker


ごはんを炊くのと同時におかずも作れてしまうタイガー魔法瓶の炊飯器「<炊きたて>tacook(タクック)」(3合炊き)。



2012年に初代モデル(一人暮らしの女性がターゲット)が発売されて以来マイナーチェンジを繰り返し、今回冷凍ごはんがおいしく炊ける「冷凍ご飯」メニューが新たに搭載されました。



一体どんなものか、そしてどんな仕組みなのか。



見た感じは炊飯器に見えません。



いわゆる炊飯器の形をしていなく、かといって何かの家電ぽいと言えるような形に見えずやや困惑(笑。



ただ上蓋を開けると急に炊飯器になります。



前面の操作パネル(保温・取り消し/炊飯/予約)がシンプルでよいですが、実はこれはカバーでもあり、カバーの内側には時間や各種メニューを操作できるパネルが出現します。



通常の炊飯器の内釜の上に付属のクッキングプレートをセットできるようになっており、炊飯ボタンを押すだけで内釜で炊かれるごはんとプレートで炊飯器内の蒸気で加熱調理されたおかずが同時にできあがります。



基本釜で白米、上のプレートでおかず一品を同時にということになりますが、煮込みやカレー、スープなども釜で作れるので、2品同時調理も可能になります。



さて今回の新モデルから追加となった「冷凍ご飯」モードですが、これは気になりますよね。



うちではよくご飯を冷凍にしておき、わたくしが仕事の日の朝にレンチンして食べるのですが、いい感じに解凍・温めが出来ればいいなと常々思ってきました。



仕組みとしては、炊飯前の吸水時間を長く設定することで、ごはんを冷凍して再加熱したときの「パサつき」や「ベタつき」を抑えることができ、さらにはしっかりとふっくら食感になるとか。



これはちょっと魅力的です。



わたくし向きです。





本体サイズは約219×273×191mm(幅×奥行き×高さ)。重量は約3kg。



カラーはナチュラルホワイト、コーラルピンク、アッシュグレーの3色。


tacook2.png
https://www.tiger.jp/product/ricecooker


現在(2020年5月時点)10,000円以内で購入可能です。



最近普通の炊飯器でも結構値段高かったりするので、そこそこの機能でかつ同時調理が可能なこの商品は相当なやり手ですよね。



さぁ・・・買った買ったぁ!!



posted by ロータス at 21:54| 家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月18日

にんにくトマトラー油 嵐

「嵐にしやがれ」で取り上げられたご飯のお供最強デスマッチ


2020年5月17日の「嵐にしやがれ」では、2019年にも紹介され話題になった「ご飯のお供最強デスマッチ」を、現在の外出自粛で自炊が増えているご時世もあり、改めて紹介していました。



なかでも、放送終了後トレンドワードの上位に挙がったほど大きな話題となったのが「にんにくトマトらー油」。



松本潤さんが「次元が違う美味しさ」と大絶賛しているもので、あまりにもの絶賛ぶりに、他のメンバーから「親戚が作っているの?」と冷やかされるほど。



「にんにくトマトらー油」はその名の通り、にんにくとトマトを入れたらー油なのですが、生産地である山梨の地のものであるアルコールを充分飛ばした山梨県産ワインをたくさん使用し、中に練りこまれているので、他にはない唯一無二の深い味わいになっているという。



なんでも全国ご当地食べる調味料ランキングで1位に輝いたこともある逸品で、すべて手作りのため、大量生産ができないのですが、現在、Amazonや楽天市場でも購入可能となっています(売り切れ寸前だと予想されますが)。



「にんにくトマトらー油」以外にも、大野智さんが食べたかったもののクイズを当てられず無念にも食べられなかった、あの高級ハンバーグ店「矢沢ミート」が手掛けた、高級牛肉そぼろを矢沢ミートの特製ダレでまとめた「元祖 炊きたてご飯にかける焼肉」、二宮和也さんお気に入りの「元祖!おなかいっぱいイカキムチ」、神戸牛のもも肉とバラ肉を使った最高級肉そぼろ「そぼマヨプレミアム・プレーン」、細切りにして揚げた白ねぎを醤油などで味付けした「白ねぎ醤油」が紹介されていました。

yazawa.png

https://ec.yazawa-meat.com/products/detail/4





onakaippaikimuci.png

https://www.kei-kimuchi.jp/i/k004






ただ炊飯器で白米を炊いただけでも、これさえあれば豪勢な食事に早変わりできる、最強のご飯のお供をネットで購入してみてはどうでしょうか。
posted by ロータス at 23:57| グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする