大容量256GB・月額1,000円(税抜)〜!レンタルサーバー【ヘテムル】

2019年09月22日

有機ELテレビと液晶テレビ

有機ELテレビと液晶テレビの違いってなんだろう?


最近良くテレビで有機ELって聞きますよね。


画質がいいとか、きれいとか良く言われてます。


さて、今までの液晶テレビと何が違うのか案内しましょう!



1、色の出し方の違い

特に大きな違いはこれですね。


液晶テレビというのは、バックライトの前にカラーフィルムがあります。

このカラーフィルムが色を変えることで映像を映し出しているわけです。


有機ELテレビというのは、まず有機発光体というものを使っています。

この発光体で色を出しているという形になります。


この違いでどのようなことが起きるか。


液晶の黒は実は黒ではないということはご存じですか?


暗い場面でもテレビは光ってますよね?


あれは黒色の状態でバックライトが光らせているのです。


有機ELは、発光体が光ることもできれば、部分的に消えることも可能です。


だからこそ、黒い部分は光らないことによって本当に真っ暗にできます。


良く家電量販店のディスプレイ映像では花火の映像を比較で流したりしています。


あれは、黒を映えさせるために流しているんですよ!!



2、他に違いはあるのか?

実は液晶テレビと有機ELテレビには画面の違い以外ないんですよね。

使っているものが違うので消費電量の増減などはありますが、基本的に他に内部で使われている機能などによって変わります。



ちなみに、有機ELはLGかパナソニックが製造しているんですよね。


ほとんどの企業はLGの流用品を使っていますよ!


なので有機ELテレビを購入する場合は、性能などで決めれば問題ないですよ!!



以上が有機ELテレビと液晶テレビの違いでした。
posted by ロータス at 17:17| 家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする